×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Last Scene
僕が君にできること




BACK


 
ブランド maika(閉鎖) 発売日 00/05/26
邪悪ヒロイン 里中 紗枝

コメント:
  里中 紗枝
2-167
 
ラストシーンの嫉妬ルートはこんな感じだった。
主人公は病に侵された旧来の彼女を助ける為に医師になってて寝る間もなく治療法探してるんだけどもう彼女にはあと少しの時間しかない。
そこに主人公を好きな看護婦がいてその人とエッチしたり彼女の前で贔屓してると優しい彼女が裏で嫉妬に狂って恐ろしく豹変していく。
最期にはその看護婦を拘束して主人公とのセックスを見せ付けて自分の胸を刺して主人公の首絞めて一緒に死ぬんだけど…
主人公は彼女を狂わせてしまった事を悲しみ抵抗せずに命を捧げる。
 


BACK