×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猟奇の檻 第2章
真説 猟奇の檻 第2章




BACK


 
ブランド 日本プランテック(活動休止)
CALIGULA
発売日 96/11/25
09/05/01
邪悪ヒロイン 北沢 牧子

コメント:
管理人 日本プランテックのゲームをCALIGULA(Teriosと同じスタジオライン系新ブランド)がリメイク。買うならリメイク版でよい模様。
 
10.1-85
 
もう十日ぐらいたったからそろそろいいよね?以下盛大なネタばれ注意












北沢牧子(猟奇の檻 第二章/真説猟奇の檻 第二章)
・根っから邪悪というわけではなく、愛する人の復讐のため邪悪ヒロイン化するタイプの人。
 もっとも基本的には善人なので、後で良心の呵責に悩んだり、主人公を手助けてくれたり、自首もする。
・一方で復讐に関しては邪悪ヒロインの名に恥じないだけの覚悟を決めているようで、手段と実行に躊躇はない。
 復讐の対象である同僚との交際を偽装しておびき出して殺害したり、あるいは自ら手を下したり、
 最後のシーンにおける演出などもなかなかの迫力。

作中で梶原ちゃんがコナをかけてなかったら、井上と京の仲を引き裂くために邪悪に暗躍したんだろうか?
あるいは体を使ったりとかもするんだろう、きっと。
草加部の買収を命じた美雪を見逃しているのは、情報不足のせいだろうか。

 


BACK